競馬のコト

競馬のコトをいろいろ投稿します。馬場傾向を重視し、各レースや各馬の評価を自分なりに行っています。

【ラップポジション分析による適性考察・レース評価】

ラップポジション分析をもとに各馬の適性やレース内容の評価をしていこうと思いますが、 ラップポジション分析とはなにかをまとめてみました。

ラップポジション分析とは、まずレースラップを6つに分類し、そのレースで問われた適性を把握する。(瞬発力、持続力、底力、スピード)

そして、4コーナー部分にあたるラップから、コーナーでのポジション(最内をAコース、内から2頭目をBコース)の有利不利を判断し、レース内容を評価するというものです。

だいたいの競馬場のコースが、4コーナー部分はラスト4Fから3F目にあたるため、その部分のラップを11.5秒以下は速、11.6〜12.0は平均、12.1秒以上を遅と分類します。

例えば、速のラップでCやDコース(内から4・5頭目)を回してしまうと大きな不利になると考えています。(速の部分で外を回すとそれ以上のラップを求められることとなり、距離のロスと合わせて不利となり、内を回した馬が有利となると考えます。逆に遅の部分で外を回しても大きな不利にはならず、加速をつけて回ることで差し追込みが有利となって、内の馬が脚を余すことになり、不利となると考えます。)

しかしながら、上記の考え方はフラットな馬場での分析であり、馬場は生き物なので、上記の考え方を覆すほどの有利不利が馬場傾向として出る場合があります。

そういった馬場傾向をいち早く把握するためにもラップポジション分析は有効です。

その日の馬場傾向をしっかりと見極めたうえで、予想やレース内容の評価を行うことで、市販の競馬新聞の成績欄に載っていない自分だけの情報を得ることができると考えています。

私がこの分析を考えたキッカケは、ある競馬予想家さんの考え方を参考に、自分なりにレースを見ることを覚えたからです。

今日の最後にその方が書かれた本をご紹介して終わります。中身の紹介は下記を見ていただければ十分だと思うので敢えてしませんが、私はこの方の考え方に出会って、競馬がさらに面白くなりました。 「競馬で勝ちたい!でも、何をどうすれば競馬で勝てるようになるのかが分からない」そんな本気で競馬勝利者を目指しているあなたに贈る、競馬で勝つための最短経路 【Be Winning Horseplayer】