競馬のコト

競馬のコトをいろいろ投稿します。馬場傾向を重視し、各レースや各馬の評価を自分なりに行っています。

先週の馬場・位置取り傾向10月14日

東京 芝

稍重でスタート。馬場傾向は前半は4コーナーのラップが「平均」か「速」で、A〜Dコース回した馬がまんべんなく来ていたのでフラット、後半は4コーナーのラップが「速」で、A〜Bコース回した馬が上位のため、乾いて若干内有利。 位置取りは前半フラット、後半やや先行有利。スローのレースばかりで、速い上がりが求められるため、瞬発力があれば、差しも決まった。

京都 芝

馬場傾向は徐々に内有利になってきているかなと。4コーナーのラップが「平均」か「速」で、A.Bコースを回した馬の好走が多く、上がりタイムも速くなってきており、瞬発力ある馬の好走も目立ってきた。 位置取りはフラットから逃げ先行有利になってきた。 秋華賞は4コーナーのラップが「速」で、勝ち馬以外は内を立ち回った馬が上位に来ていた。 このまま雨が降らなければ、来週は内先行や内を立ち回った速い上がりを使える差し馬の好走が多くなりそう。

新潟 芝

馬場傾向は4コーナーのラップは「平均」か「遅」で、内回りは若干内有利、外回りはフラット。 外回りは直線が長いので、コーナーの内外の有利不利はあまりなく、外目を勢いよく回して直線しっかり伸びた馬が来ていた印象。 位置取りは、差しがよく決まっており、内回りは逃げ先行も来ていたが、外回りはほぼ差しと追込みの決着。

今週は京都で菊花賞が行われます。上にも書いた通り、京都は内が良さそう。 枠順と位置取りがかなり重要となりそう。 現時点での注目馬はコチラ。
中央競馬ランキング