競馬のコト

競馬のコトをいろいろ投稿します。馬場傾向を重視し、各レースや各馬の評価を自分なりに行っています。

先週の馬場・位置取り傾向10月20日

東京 芝

馬場傾向は全レースで4コーナー部分のラップが「速」で勝ち馬はAかBコースを回していた。しかし、2.3着はCやDコース回した馬も来ており、フラットに近い馬場。 C.Dコース回して来れていたのはスローのレースでヨーイドンの瞬発力が問われたため。東京は直線が長いため、速い上がりを出せればコーナーの不利が帳消しになる場合がある。 そういう意味で位置取りもフラット。上がり勝負が多く、位置取りより速い脚が勝敗を分けた印象。

京都 芝

馬場傾向はフラット〜若干外有利。 コーナーで速いラップを記録することがなく、上がりがとにかく掛かっていた。前後半のラップで見てハイペースが多かったのもあるが、今年の開催はいつもと違い全体的に時計が掛かっている印象。 晴れが続いて内有利になるかと思ったが、想定とは違う馬場。 位置取りは平坦コースの京都の割に差しが良く決まっている。これも軽い馬場ではなく、ある程度力のいる馬場である証拠。

新潟 芝

稍重ということもあり新潟にしては時計が若干掛かっていた。 馬場傾向は、4コーナーのラップが平均〜遅で、A〜Dコースを回した馬が来ておりフラット。 10Rまではスローということもあり、前有利。 最終は一転してかなりのハイペースとなり差し有利。ペースによって位置取りの有利不利があるフラットな馬場。 東京と違ってとにかく速い上がりが必要というわけではなかった。

富士Sの結果からの次走注目馬はコチラ
中央競馬ランキング

東京はスローのヨーイドンばかりと言ったが、富士Sは平均ペースのレース。 コーナーのラップも速く、内を立ち回ったロジクライが勝った。そんななかDコースを回して、直線半ばまで手綱を持ったままの手応えで好走した同馬。次走も注目したい。