競馬のコト

競馬のコトをいろいろ投稿します。馬場傾向を重視し、各レースや各馬の評価を自分なりに行っています。

先週の馬場・位置取り傾向10月21日

東京 芝

馬場傾向は土曜と変わらずフラット。 4コーナーが「速」〜「平均」のラップで、A〜Dコース回した馬が万遍なく来ており、内外の有利不利はない。 スローのヨーイドン戦で、速い上がりが求められる馬場のため、いかにスムーズに直線に向けるかが大事。 全体的に少頭数の瞬発力特化のレースが多く、レースのレベルはそこまでかなと。

京都 芝

こちらも馬場傾向は土曜と変わらずフラット〜若干外有利。 上がりも相変わらず掛かっており、差しも届く馬場。 逃げ馬は一頭だけ3着があるのみ。あとは先行・差し・追込で決まっている。 菊花賞は超スローで4コーナーでもラップは上がらず、直線のみの競馬。 コーナーはC〜Eコース回した馬が上位であったが、ラスト3F目のラップが12.2で遅いため、外目でも不利にならなかった。 瞬発力タイプが好走したレースで、ペースは流れるとの読みは完全にハズレ。競馬は難しいですね。 次走以降注目はブラストワンピース。位置取りも後ろになり、コーナーでは一番外を回して4着は立派。距離適性も厳しかったので、中距離に戻って期待したい。

新潟 芝

馬場傾向は良馬場へ回復し内回りは若干内有利、外回りはフラット。 4コーナーのラップは「遅」〜「平均」ではあるが、内目を回した人気薄が来ていた。 馬場の回復が内から良くなった印象で、またフラットになっていくか内が良いままかは分からないので、土曜の競馬をしっかり見てみたい。 位置取りは上がりがある程度掛かるため、差しが優勢。

東京は速い上がりが求められており、今週の天皇賞(秋)もスローからの速い上がり比べとなりそう。現時点での注目馬はコチラ
中央競馬ランキング