競馬のコト

競馬のコトをいろいろ投稿します。馬場傾向を重視し、各レースや各馬の評価を自分なりに行っています。

【重賞予想】第63回 大阪杯

馬場傾向は、時計は少し掛かっているが、内は問題ない。

キセキが逃げると想定し、早めの仕掛けから我慢比べとなりそうで、内先行のポジションにつける馬が最も有利になりそう。 上がりは掛かっているためパワーも重要視したい。

◎ エポカドーロ

◯ ブラストワンピース

▲ アルアイン

☆ ダンビュライト

△ 1.6.9.11.12

本命はエポカドーロ。内枠、距離、脚質が最も向きそうなのに、人気もない。 馬場傾向もマッチしそうで、狙うならここしかないという印象。

対抗は、ブラストワンピース。 上がりが掛かる競馬は向いており、内回りがどうかも、キセキが引っ張る流れなら縦長になってそれほどごちゃつくこともないかと。 であれば、中枠でスムーズに追い上げられれば、ここでも地力上位の存在で、終いもしっかりしており大きくは崩れなさそう。

単穴はアルアイン。 まず、昨年の3着馬で好枠を引き、脚質も良さそう。 そして、こういう内回りコースが最も向いている印象で、坂も問題なく、パワーもある。 ある程度のスピード勝負も対応でき、この人気なら一発を期待したい。

そのほか注目馬は、ダンビュライトとマカヒキ。

ダンビュライトは外枠がどうかも、脚質は向いており、タフな条件も問題ない。

マカヒキは上がりが掛かる競馬ならまたまだやれそう。

ある程度ポジションを取って、最内をスムーズに乗り切れば面白いかも。

キセキは距離が少し足りず、内回りだとスムーズにリードを保って直線に向けない可能性があり、坂で捕まってしまいそう。押さえまで。