競馬のコト

競馬のコトをいろいろ投稿します。馬場傾向を重視し、各レースや各馬の評価を自分なりに行っています。

【重賞予想】第37回ニュージーランドT

本レースまでに同距離のレースが無いため、先週の馬場傾向を参考に予想していきます。

先週の馬場傾向は、先行有利な馬場でコーナーはフラット。

本命◎はかなり攻めて6.ショーヒデキラ。

前走未勝利からの参戦ではあるが、当日の4歳上500万下よりも0.1秒速いタイムで勝利。 ハイペースを前目から押し切った内容を評価したい。 タフな馬場は合っておりペースが流れて持久力勝負になれば一発ないかなと。

対抗◯は、ヴィッテルスバッハ。 瞬発力はかなりのもので中山未勝利で加速ラップを差し切り。 前走東京の500万下でもラスト2F21.9秒を早めに動いて差し切りと、末脚は確か。 異なるコースで結果を出しており、このメンバーなら地力は一枚上で大崩れはないだろうと。

▲はカルリーノ。差しに回ってからは常に安定して上がりの脚が使えており、ジュニアカップも好メンバーの2着。 ペースは流れた方が良く、外目の枠がどうかも、ハマれば頭まで。

☆は、ココフィーユ。 前目から上がりを使えるこの馬を人気も無いため特注としたい。 スローの瞬発力勝負では結果を出しているが、ペースが流れた時にどうかというのはある。 ただ、しっかり前目に付けることができるのは強み。マイルの平均ペースまでなら対応してくれないか。

△1.3.11

アガラスは中山が向いていない印象で、押さえまで。