競馬のコト

競馬のコトをいろいろ投稿します。馬場傾向を重視し、各レースや各馬の評価を自分なりに行っています。

【重賞予想】第28回 アーリントンカップ

馬場傾向は、外回りは9Rを見ると内有利。 内を立ち回って前目から速い上がりが使えるタイプを狙いたい。

本命◎は、1.ミッキースピリット。未勝利、500万下と一定高いレベルの相手と好勝負をしており、時計の早い決着も経験済み。 前目からしっかり脚を使えるタイプで、馬場傾向にマッチしている。 この枠でこの人気なら狙ってみたい。

対抗◯は、ヴァンドギャルド。 ホープフルSは直線不利、きさらぎ賞は、ペースと位置取りが合わず、前走は、スローで差し届かずだが、東スポ杯2歳Sの内容を評価し、直線長いコースでしっかり脚を溜めることができれば差し脚はこの中では上位。 外目の枠もスムーズに回ってこれることを考えればそこまで不利にはならない。

単穴▲は、カテドラル。 使える脚は短いことは近走で明らかになっているが、スロー寄りのレースで瞬発力を求められればまだまだ見限れない。 前目につけて速い上がりで出し抜ければ、圏内も十分考えられるので、この人気で買えるなら単勝も少し抑えたい。

特注☆は、2.ロードグラディオ。 前目からしぶとく粘れるタイプ。持ち時計に不安はあるが、ポジション取りで優位に立てそうで、3着粘り込みを期待。

△3.16.17

17.ミッキーブリランテは、外枠が厳しそうで、騎手も枠なりに大外ぶんまわしのイメージがあるため、少し届かずの可能性は高いかなと。

3.ヴァルディゼールは、瞬発力に不安があるので、ペースが流れれば浮上してきそうも、想定では、スロー寄りの流れとなりそうで、キレ負けしそう。